代表者メッセージ

代表者メッセージ

新型コロナウイルスの影響により人の動きを生業とする西鉄グループは厳しい時期を迎えています。しかしながら公共交通という社会に必要なインフラをしっかりと守り、福岡をはじめとした世界各地での新しい街づくりに取り組み皆様のお役に立つ、未来永劫に続く企業グループを目指します。
このたびは大きな情勢の変化に対応して現在の第15次中期経営計画を1年延長しながら着実な収益確保と将来の姿を描いた修正中期経営計画をスタートさせました。

国際物流事業におきましては人々の生命と生活を守る商品や次世代の未来社会に向けて必要とされる物の動きを確保してグローバルなサプライチェーンを守ってまいります。
Withコロナ/Afterコロナの環境変化を検証し、ニューノーマルな状態で新たに進化した物流の実現に向けて努力を行います。
まずは徹底的なデジタルトランスフォーメーションの推進です。
業務面、営業面における作業の簡素化により効率化が進み、正確さが増すことで、お客様へストレスのない業務を実現します。また、物流の可視化などの付加価値を創出していきます。
次にESG・SDGsへの取り組みを強化し、地球環境問題や社会の課題解決も念頭に置いた事業も考慮します。結果、将来に向けて社会から必要とされる会社になることを目指します。

ニューノーマルな環境はデジタル化を加速させ、効率化を達成する上で有効であることは間違いありません。一方、対面でのコンタクトが減少して人同士の結びつきが薄まることも危惧されます。しかし私共は一つ一つの仕事に対して関わり合いを持つすべてのステークホルダーの方へ尊敬の念を持って接し、人の温もりが感じられる暖かい関係を築いていきたいと願っています。それがお互いのゴールに近づく最良の方法だと認識しています。今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

西日本鉄道株式会社
専務執行役員 国際物流事業本部長
北村 慎司

代表者メッセージ